脚本

島川柊

SHIMAKAWA Hiiragi

演出

大舘実佐子

ODATE Misako

作曲

久野飛鳥

KUNO Asuka

1995年生まれ。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。

演劇団体『東のボルゾイ』を共同主宰し、企画・脚本・作詞を手がける。言葉遊びと濃厚な登場人物が魅力の作風。

​ミュージカル『なんのこれしき』(2021.03)短編ミュージカル朗読劇『ジョウジの1ページ』(2021.12)を執筆。

1996年東京都出身。4歳からクラシックバレエを始め舞台に立ち続けるも、2013年本番直前の捻挫を機に、舞台演出家を志す。2015年より演劇活動を開始し、会話劇やミュージカルなど、これまでに25作品の演出を手がける。2018年、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科を卒業し、現在同大学院修士課程に在籍。代表作に『SPRING AWAKENING』(2019. 12)『なんのこれしき2020』(2021.3)など。

1997年東京都出身。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。学内において長谷川良夫賞受賞。 これまでに、ミュージカル『なんのこれしき』(2018/2021)をはじめ、『夢拾夜』 (2019)、『SPRING AWAKENING』(2019)などを作曲。 ミュージカルやコンサート等で伴奏者としても幅広く活動中。

脚本家 島川柊・作曲家 久野飛鳥・演出家 大舘実佐子による演劇創作団体。 2018年東京藝術大学在学時に、日本人の身体と言葉を炸裂させるオリジナルミュージカルを作るという目的で始動。同年9月多くの若手表現者を起用し、ミュージカル『なんのこれしき』を上演した。 2020年さらなる創作の発展を目指し、「東のボルゾイ』を結成。 感染症流行による公演延期などを経て、2021年3月ミュージカル『なんのこれしき2020』を上演し、 正式に団体としての活動を開始した。 同年12月若手ミュージカル創作団体によるオムニバス公演にて、ミュージカル朗読劇『ジョウジの1ページ』を上演。 2022年2月、新作ミュージカル『彼方が原』を上演予定。

東のボルゾイ

Profile

profile.png
HIIRAGI.jpg
ASUKA.jpg
MISAKO.jpg